゚.+:。LOVE゚・*:★⌒ヾ(-ω・*)
http://yumetanlove.blog8.fc2.com/
こちらは、かずみが愛する物&人達&動物の事を書いてます(・ω・)ノ☆・゚::゚ヨロシク♪


2017/06 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017/08


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|

  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

1リットルの涙。

昨日、最終回だった「1リットルの涙」は、観ましたか?

密かに、みていたドラマ★

ドラマを観る前に、小説で原作を読んでいたんだけども、小説も感動しとてもいい話なので読んでみてd(´∀`●)ネッ☆

最終回・・・・なんか、生きることの大切さってのを教えてもらったような気がする、、感動した・・


小説読んでみたください★

原作「1リットルの涙?難病と闘い続ける少女亜也の日記」は、闘病中の亜矢さんが日記やメモなど14歳から21歳まで書き溜めていたものを1986年に名古屋の出版社が発刊したものである。高校に入学した15歳の時、難病指定されている「脊髄小脳変性症」を発症する。これは、神経細胞が次第に変化していくという難病で、その後亜也さんは岡崎養護学校に転校する。歩行不能となり寝たきりの生活を強いられながらも家族等の暖かい支えに感謝を捧げながら必死で生きたが、88年5月に25歳で他界した。タイトルは養護学校へ転校を決めた際の亜也さんの心情を表しているという。

作品は、同本に加え、亜也さんのお母さん・潮香さんの手記をまとめた「いのちのハードル」(同出版社/26万部売上)をもとに、難病発症から死までの日々を家族や主治医とのこころのふれあいを中心に描く。ロケの8割は豊橋市で行われた。
スポンサーサイト


  1. 2005/12/21(水) 07:48:16|
  2. 未分類|

  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

  


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

  





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。