゚.+:。LOVE゚・*:★⌒ヾ(-ω・*)
http://yumetanlove.blog8.fc2.com/
こちらは、かずみが愛する物&人達&動物の事を書いてます(・ω・)ノ☆・゚::゚ヨロシク♪


2017/08 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017/10


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|

  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

続き・・・・?

虹の橋のクリスマス
(作/Terri Onorato)

クリスマスイブの真夜中が近づくと、素敵なお祝いが始まります。
耳をすませば、ほら、
虹の橋に集う動物たちの歓声が聞こえるでしょう。
年に一度の大切な瞬間を待ち構えているのです。
子犬たちは高く生い茂った野原を楽々と通りぬけ、
蝶を追いかけ、笑いすぎてひっくり返るまで
何度も何度も転がり回ります。
雪のように真っ白な鳩が、そよ風を撫でるように静かに羽を広げ、
猫やトラやライオンが嬉しくてたまらず喉をゴロゴロ鳴らすにつれ、
歓声がいよいよ大きく響いてきます。
虹の橋の下を勢いよく流れる小川が、こけむした土手に打ち寄せ、
水の中で暮らす大切な生き物たちも、
この一番楽しいお祭りへの期待にひれを震わせています。
虹の橋に集う動物たちの楽しい歌声の真ん中には、
一番おちびちゃんの天使たちが寄り添って、
天使の残り毛の房で飾られた荘厳なクリスマスツリーを
かしこみつつ見つめています。
凛とたたずむ天国で一番美しいそのクリスマスツリーの上には、
厳かな調べにのって、きらきら光る星たちが、
天と地の間をまるでシーソーのように優美に舞っているのです。
近くの揺り椅子には、おばあちゃん、おじいちゃん、
おかあさん、おとうさん、おばさん、おじさん、そして大切な人たち。
その腕の中で静かに眠るちっちゃな可愛い幼な子に
囁くような子守唄が流れています。



たちまち時計の針が真夜中に近づき、
彼方から大歓声が聞こえてきます。
虹の橋に集う動物たちは立ち止まり、耳をすませ、
その時が近づいているのを知ると、
それぞれふわふわの雲を選んで、寝そべります。
ゴロゴロと大きな音をたてて鳴り響いていた喉は、
どうにか聞こえるくらいの小さなハミングに、
ぶくぶくと泡をたてて流れていた小川は、
催眠術をかけるかのようなさざ波に、
そして、綿毛でふかふかの翼をはばたかせていた鳥たちも、
静まり返ります。
幼な子たちがクククッと喜ぶ声が穏やかに聞こえる中、
天の祝福を受けた小さき者たちが天使の膝の上にヨチヨチと上り、
時が来るのを待っています。



地上から立ちのぼる暖かなロウソクの明かりの中で、
虹の橋の番をしている神様がその腕に大空を包みこむと、
子供たちの可愛い手に、そして、動物たちの前に、
聖なる贈り物が置かれます。
あふれんばかりの喜びに満ちてほどかれたリボンが、
優しい風にのって、降り注ぐ天使のきらめきの中に溶けていきます。
贈り物が入った箱の金色の蓋を開けると、
まばゆいオーラが天を満たし、地球のまさに中心に届かんばかり。
どの箱からも、なによりも素晴らしい贈り物が立ちのぼります。
それは ? 永遠に変わらない、無償の、すべてを包み込む愛。
神様の祝福を受けたこの愛の贈り物は天国の大切な魂をくるみ、
その心をきらきらと輝くかがり火で暖め、
天使たちから、このうえなく素晴らしい歌声が流れ出します。
時計の鐘が真夜中を告げると、天と地の隔たりが消え・・・
クリスマスイブのこの瞬間、
神様とその子供たち、天使たち、
そして虹の橋に集う動物たちからのメッセージが、
解き放たれた愛の翼にのって、
地上の愛するあなたの元に届けられるのです。



さあ、心を開き、耳をすましてごらんなさい。
あの懐かしいあなたの天使の声が、
耳もとでそっとクリスマスのメッセージを囁くのが聞こえるでしょう。。。
「いつも、そして、ずっと一緒にこの気持ちを分かち合わせて。
必要な時は、すぐ側に、ここにいます。
あなたを残していったわけじゃない。
いつも心の中に生き続けていますから。
虹の橋へ続く道をあかあかと照らすロウソクの灯のように、
この愛は永遠に変わることはありません。
いつか必ずまた会える、その日を辛抱強く待っています。
大好き、大好き・・・あなたを心から愛しています。」


英語訳 かわちん う?ん。あってるか分かりませんが・・・

こちらは英文です★
Christmas at Rainbow Bridge
by Terri Onorato

As the midnight hour approaches on Christmas Eve, a tremendous celebration begins.
If you listen closely you will hear the exuberant sound of Bridgekids preparing for the remarkable moment that comes but once a year.
Puppies romp through the tall green grass, chasing butterflies and rolling over and over until fits of giggles bring them to a tumbling stop.
The volume increases as kittens, cats, tigers and
lions purr in pure delight while the wings of snow white doves gently caress the air.
The babbling brook that runs beneath Rainbow Bridge overflows onto the edge of mossy banks and fins of treasured aquatic life quiver in anticipation of this most joyous event.
Nestled in the midst of this happy choir of Bridgekids are the littlest angel tots staring in awe at the majestic Christmas tree adorned with flowing strands of angel hair.
Effervescent, twinkling stars seesaw elegantly from the sky and land in glorious harmony upon the stoic limbs of Heaven's most perfect Christmas tree.
Swaying to and fro in nearby rocking chairs are grandmothers, grandfathers, parents, aunts, uncles and loved ones.
The sound of their whispered lullabies permeate the air as they sing to tiny angel babies resting quietly in their arms.



Like magic the clock approaches midnight and a great stirring is heard in the distance.
Each Bridgekid stops and listens, knowing the time is near, and they choose a fleecy cloud on which to snuggle.
The roar of purrs drops to barely an audible hum, the babbling brook ripples hypnotically and the flutter of downy feathered wings fall silent. Heaven's spirited toddlers climb expectantly upon the laps of angels while babies coo in tranquil unison.



Amidst the warm glow of candle light which rises from the earth below, the arms of the Bridge Keeper envelop the heavens and into the precious hands of each child and in front of each animal a holy gift is placed.
With grand exuberance the ribbons are removed and left to fly on a tender breeze where they dissolve into showers of angel dust.
As the golden lids of these heavenly gifts are raised, an amazing aura fills the sky,
reaching down to the very core of the earth.
Ascending from each and every box is the greatest gift of all・nending, unconditional,
all-encompassing love.
This blessed love gently wraps itself around the cherished souls of heaven,
warming their hearts with beacons of radiant light and bringing forth from angels an exquisite chorus.
As the clock strikes midnight the distance between heaven and earth is vanished.
It is at this very moment on Christmas Eve that the Bridge Keeper, His children, angels and Bridgekids send a message to their earthly loved ones on the wings of this unbridled love.




Listening carefully with an open heart we will hear the familiar voice of our own angel whisper softly into our ear their Christmas message...
"Let me share with you this love of mine, always and forever.
When you need me know that I am here.
I have not left you for I am in your heart where I belong.
Our love is eternal as is the brilliant glow of candlelight which illuminates the path to the heavens and Rainbow Bridge.
I wait patiently as do y
ou for our inevitable and glorious reunion.
I love you, I love you, I love you."

そして、下の画像は「ホワイトバンド」と、
動物バージョンのです★
動物バージョンの方はネットで調べてもでてこない。
違うとこのペットショップに行ってもない・・・
これを入手したところは、お台場です(・o・)ノ ハーイ!!
ホワイトバンドは、* * * ですが、
動物バージョンのは、ワンコが3匹いるんですよぉ★


050823_230443.jpg

スポンサーサイト


  1. 2005/08/23(火) 23:26:09|
  2. 未分類|

  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

  


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

  





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。